院長コラム

第14回

膀胱炎はなぜ女性に多いの?その理由とは・・・

イメージ写真

ようやく春らしくなってきました。これからはブルブル震えることより、汗をかく日が増えていくでしょう。寒いと、冷えてトイレに行く回数は増えたり、また大汗をかいているときはトイレへ行くことを忘れてたり、という経験は皆さんあることと思います。トイが近いこと(頻尿)と膀胱炎は違うのですが、みなさん、冬に膀胱炎になりやすい、と思っていませんか?今回は膀胱炎の話をいたしましょう。

まず、女性は男性に比べて膀胱炎になりやすいのです。その理由は女性の外尿道口(尿の出口)が膣の前側の壁にあるため、いろんな雑菌が外尿道口について、さまざまな汚染を受けやすい、ということによります。さらに尿道の長さが男性と比べて短いので、統計を取ってみますと女:男=5~6:1の割合で、女性は男性の5倍以上も膀胱炎に罹患します。通常、一人の女性がその一生に1ないし2回は膀胱炎を罹患するといわれています。特に急性の単純膀胱炎はほとんど女性に発症し、多くは20歳代の性的活動期にピークが見られます。しかしながら閉経前後の中高年期にもう一つのピ-クがあります。

膀胱炎に罹りますと排尿痛、頻尿、尿混濁、血尿、など特徴的な症状がでます。また下腹部の不快感を伴うこともあります。原因となる菌は大腸菌など御自身の腸管内に常在する菌がほとんどです。治療は抗菌剤の服用で大半の方は治癒します。またその際、尿量を増やして膀胱や尿道を洗い流すために(尿路自浄作用を促す)、積極的な水分摂取と、症状が改善しても所定の服薬を完了するように指導しています。これで普通は治ります。

ところが、治ってもまたすぐ再発する女性が時々いらっしゃいます。先ほどは一生に1~2度、と書きましたが、年に何度も膀胱炎にかかる女性はなにが問題なのでしょう。特殊な疾患に罹っていて抵抗力とか免疫力が低下しているとかではなく、日常とても元気な方です。そのような女性に詳しく話を伺うと、実は帯下の量が多い、色が濃い、臭いが強いなど、帯下の症状を自覚していることがあります。しかし帯下も多少気になるけれど、大した症状ではないと思い、やはり膀胱炎の症状の方が派手ですから、膀胱症状しか話されないことが多いようです。

実際に帯下の多い、膀胱炎を繰り返す患者さんの細菌検査を行いますと、膣内の細菌と膀胱内の細菌が一致していることがあります。そうした場合は、膀胱炎だけを治療し、治っても、膣内の帯下にまだ感染が持続(細菌性膣炎)していると、膣炎の帯下が膣から尿道に入り込み、また膀胱炎を繰り返す、ということが考えられます。膀胱炎になりやすい方は、そういったことも原因の一つとしての可能性がありますので、帯下が気になる場合は婦人科医に相談し、膣炎の有無を診ていただきましょう。

お知らせ

  • 12/28から1/4まで休診いたします。
  • インフルエンザ予防接種行っています。
  • 平成29年度練馬区子宮がん検診実施中です。
病院外観

赤松レディスクリニック

  • 氷川台駅より徒歩 約5
  • 桜台駅より徒歩 約13

※駐車場有(3台)

※屋根付駐輪場有(バイク・ベビーカー可)

〒176-0002
東京都練馬区桜台 3-41-14
TEL.03-3991-8854